モンテッソーリとともに

モンテッソーリ思想をベースに「子ども」や「子育て」について発信しています♪

赤ちゃんの手先の運動

モンテッソーリ教育では微細運動(手や指の運動)を促す色々な教具やお仕事があります。

赤ちゃんのうちから手や指をたくさん使うことは大事です。

まだそんなことをよく知らなかった一人目の育児では特に意識しておらず、3〜4歳になった頃の息子は、手先を使うことはあまり好んでせず、粗大運動(体全体の運動)が大好きになっていました。

指先が上手く使えないと、絵を描いたり字を書いたりすることを進んでしなくなるなど、後々影響を及ぼします。そんなお話はまたいつか書きますが・・

 

手先の運動を発達させるために赤ちゃんからできることは色々あり、そのためのおもちゃ(教具)などもあったり、手作りできるおもちゃなどもあるのですが・・・

もっと簡単にできることがあります。

 

身近なものを触らせてあげる♪

 

離乳食のさつまいもを食べさせていた時のこと・・

すりつぶしたものでもまとまりがあるので、ふと小さなピースをベビーチェアのテーブルに置いてみました(笑)

f:id:pinktower:20190217073944j:image

じっと見てる。

 

 

つまもうと集中。。

 

 

 

 

あっ!口に入れた!

f:id:pinktower:20190217132005j:image

つまんだのかうまいこと指にくっついたのか分かりませんが(笑)

食べ物と分かっていて口に入れた様子。

 

 

次は・・・

 

トマト!

f:id:pinktower:20190217074010j:plain

サラダを作ってくれていたDaddyがあげていた・・・(笑)

 


f:id:pinktower:20190217074020j:image

ヘタの部分をそーっと指で触ってみたり、包むように優しく持ってみたり・・

(トマトはまだ食べさせてないので触らせてみただけですが)

冷蔵庫から出てきたので、冷たいたのも不思議な感覚だった様子。

 

実際に見たものに触れる動作は「目と手の協応」と言います。

色や形、サイズや距離感などの視覚的な情報とそれに触れてみた触覚の情報が脳で繋がるのです。

なので、絵や写真、動画よりも本物で経験することが大事〜!

これを赤ちゃんのうちからたくさんしておくと良いです。

食べ物の場合なら視覚触覚味覚嗅覚の発達に繋がり、触れる握るつまむなどの微細運動にもなります。

 

離乳食が始まっている赤ちゃんには、食べる(味覚)だけではなく、お粥を作る前のお米や茹でる前のお野菜などを見せて、触れさせてあげたり匂わせてあげると、視覚、触覚、嗅覚を刺激する経験にもなります

普段からおうちにあるもので簡単にできますよね^^

 

意気込んでおもちゃや教具を作ることもありますが、基本的にめんどくさがりで細かい作業は苦手・・・^^;

作るのに時間がかかって敏感期逃したら意味ないし、身近なもので簡単に〜♪

例えば、ママやパパがみかんを食べる時に触らせてあげたり、皮を剥いたら香りを嗅がせてあげたり。まだ食べさせていなくてもちょっとだけ舐めさせてあげたり。

視覚の刺激にスーパーの野菜売り場で色んな野菜や果物を見せてあげたり、魚売り場もおもしろいです♪

 

身近なものでも赤ちゃんの五感や運動の発達を促すアイテムになるので、ぜひ試してみて下さい^^

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

子どものメガネについて

ご訪問下さりありがとうございます^^

 

つい最近、身近な人から聞かれたり話題になったので書いておこうと思います。

突然ですが、眼鏡をかけている小さな子を見てどう思いますか!?

「こんなに小さいのに視力が悪くなっちゃったのかな・・。スマホやタブレットのせい・・!?」

昔はこんな風に思ったことがあります。

何も知らないのに勝手にそんなことを思ってごめんなさい。。

どうしてこんなことを書いているかというと、いつも一緒に過ごしているお母さんやお父さんに子どもの「目の動き」や「見え方」についてできるだけ早く気づいて欲しくて。

 

f:id:pinktower:20190216194422j:image

 

 

 

娘の眼鏡デビュー

小さな子がかけている眼鏡は、ほとんどが「弱視等治療用眼鏡」です。視力が悪くなったというよりは先天的なものであったり、見え方に何らかの問題があって、ちゃんと見るためには眼鏡で矯正する必要があるからかけています。

うちの二人目である長女は、4歳直前に内斜視遠視が発覚しました。

3歳の頃から左目が内側に寄ってる・・?って思うことが時々あったのですが、大丈夫だろうと思いたい気持ち?が優先してそこまで気にかけず過ごしていました。

そして、ある日お友達親子と久しぶりに会ったのですが、娘と同い年のお友達が以前はかけてなかった眼鏡をかけていたのです。

そのママに「◯◯ちゃん(娘)の目、ちょっと気になるねんけど・・・。下から上を見上げた時に目が内に入る感じがするから、ちょっと気ぃつけて見ててあげて〜」ってズバッと。

何となく気にしていたことを他人からズバッと言われ、やっぱり・・?って気持ちとそんなズバッと言わんでも・・みたいな複雑な気持ちに^^;

それから3ヶ月くらい経って娘が結膜炎になり、かかりつけの小さな眼科に連れて行ったので、その時に彼女の目のことを言ってみました。

眼科の先生はこちらから言わなかったら特に気にはならなかったようでしたが、少し検査をしてちょっと険しい顔つきになり、「ここでは検査しきれませんから小児眼科がある総合病院を紹介します」と。そして、早速翌週に総合病院へ行きました。

「C」のマークの視力検査では、開いてる箇所を「上」「下」「右」「左」と言葉でまだはっきり言えなかった娘ですが、さすが小児眼科!あらゆる技で小さな子でも答えられるように検査して下さいます。娘よりも小さな子もたくさんいましたが、素晴らしいテクニックで検査されていて感激しました。

瞳孔を開く目薬もさしたので、視界がぼんやりしてきたようで、急に「何も見えない・・」と言い出し、歩くことすら難しくなった娘を抱き上げ、悲しくなりました。それは数時間のことだったのですが、初めての長時間検査の末、若い女医さんに「お母さん、◯◯ちゃんは内斜視と遠視、そこに乱視が入っています。」と言われました。

Oh..no..!!

ある角度や近いところが相当見辛かったってことです。

生活習慣でそうなったのではなく、先天性だそう。

そして、「眼鏡の処方箋をお出ししますので、できるだけ早く作って下さいね!」と先生。

「メガネ・・・ですか!?夫に相談してもいいですか?」

「相談してもいいですけど、彼女の目にはそれが最善な方法ですよ。眼鏡で治療していくので、お薬のようなものです。いずれ良くなれば眼鏡は外れますよ。効果がうまく出なければ手術も視野に入れておいて下さいね。手術するなら早い方がいいので、そのこともご主人と相談して下さい。」

優しい先生なのですが、手術を押してくる感じでした。急に眼鏡をかけることになったのもショックなのに手術って・・・!

眼球に付いている筋肉に問題があるとかで、手術は入院して全身麻酔でその眼球周りの筋肉をどうのこうのするそうで、聞くだけで怖すぎてとりあえずは眼鏡で治療していくことになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

「弱視等治療用眼鏡」は保険が効く!

子どもの斜視や遠視などを治療するための「弱視等治療用眼鏡」は9歳未満に限り保険が効きます。保険適応は5歳未満は1年に1回、5歳以上は2年に1回です。

娘は4歳になってすぐ初めての眼鏡を作り、その後、年に1回レンズの度数を変えるので、実質2回に1回は眼鏡を作るのに補助が出るということです。補助が出ない年は、フレームはそのままでレンズ交換だけにしたら安く済みます。

子どもであっても近視による視力矯正用眼鏡は対象になりません

療養費は「健康保険」と「乳幼児医療費助成制度」のダブルで請求できます!地域にもよるかも知れませんが、健康保険の方から7〜8割、乳幼児医療費助成制度の方から2割程度返ってくる感じなので、全額に近い金額が戻ってきます。これは老舗の眼鏡屋さんが教えてくれました。

手続きについて

申請先

①国民健康保険被保険者証の場合

 →市役所・町村役場(国民健康保険担当課)

②その他の健康保険証の場合

 →勤務先、又は健康保険被保険者証(健康保険証)に記載されている管轄の協会けんぽ支部

必要書類

①医師による証明書(治療用眼鏡の作成指示書)

②治療用眼鏡の領収書

③療養費支給申請書(各団体が用意)

(全国健康保険協会への申請書はこちらからダウンロードできます。)

 

 

スポンサーリンク

 

子どもたちの現状といい加減な健診・・

初めて総合病院に行った翌日、眼科から紹介された老舗の眼鏡屋さんへ行って眼鏡を作ったのですが、そのお店のおじさん曰く、子どもに斜視や遠視があっても見過ごされているケースはすごく多いらしいです。よく転ぶとか、何もないところでつまづくとか、集中力がないとか、実は目(見え方)が原因であることも多いにあるのだそう。しっかり見えていないからそんなことが起こるってことです。そう言われると、娘も何もないところで転ぶことは時々あったかも・・と思い返していました。

それが3歳児健診(地域によっては3歳半健診?)で発覚されることもあるらしいのですが、発覚されればラッキー・・!3歳児健診の視力検査ってけっこういい加減なのです・・^^;

私が住む地域は、自宅に送られてくる健診の案内に入っている「C」の用紙で、事前に自宅で子どもの視力検査をします。ある程度離れて「C」の向きを色々変えてチェックするのですが、親としては特に問題ないことを願ってちょっとおまけしたりするし(笑)、遠視だったら近くが見えず、遠くは見えるので、そもそも検査の仕方がまちがってます・・。

実際私もあの用紙で娘の視力をチェックして、後日健診では確か問診のみで普通にスルーしました。彼女の場合、近くのものやある角度の見え方を検査するべきだったのに。。

 

 

スポンサーリンク

 

子どもをしっかり観察して下さい!

子どもの「目」をよく見てあげて下さい。

やっぱりここでも観察が大事です。何においても観察第一です(笑)

子どもの目の動きや動作、手の使い方・・・身近にいるお母さんやお父さんが一番分かると思います。小さな頃から保育園に通ってる場合は保育士さんも気がつくかと思いますが、日本ではそういった重要事項をなかなか保護者に言わない傾向にあるので、気づいてるのに言ってくれない場合も多いです。(海外の園や外国人の先生は、そういった重要事項をなるべく早く保護者に伝えることが子どものためだと考えます。)

対処してあげるのは早ければ早いほど良いです。

だって、ちゃんと見えてないんですよ!

でも物心ついた時からその見え方で過ごしていたら、子どもにとってはそれが普通。「見えにくいよ〜〜」って訴えてくれることはなかなかないと思います。「見え方」ってその子にしか分からないから非常に難しいですが、大人がちょっとした異変に気づいて対処してあげることができると改善も早いです。

目が寄ってる・・?内に入ってる・・?外に向いてる・・?ってなんとなくでも思ったら、すぐに眼科に連れて行ってあげて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

娘の眼鏡生活、その後・・

今となれば、あの時ママ友がズバッと言ってくれて本当に良かったです!!

それなのにすぐ行動せず・・・結膜炎になってくれてほんとに良かった^^;

娘は4歳になってすぐ眼鏡をかけ始め、初めは4ヶ月毎、今は半年毎に定期検診に行ってます。眼鏡は1年に1回度数を変えるので、現在3つ目を着用中。かけ始めた当初はしんどがったり嫌がったりすることもありましたが、今は眼鏡が必要だと自覚してるし、自分でフレームも選んだりして楽しんでおります♪

眼鏡屋さんはチェーンのお店などで大丈夫と判明。

何も知らなかった私は病院から紹介されたお店に直行したのですが、その次からはチェーンの「眼鏡市場」で購入。子ども用メガネは半年以内の度数交換は無料、一年以内の度数交換は半額など色々サービスが充実しています。(※交換の場合でも処方箋が必要です)補助が出ない年は、次の処方箋を一年以内に出してもらえば半額でレンズ交換できるということです♪

眼鏡市場ではフレーム込みで老舗ショップの半額以下でした!代金は一旦支払って後日請求します。老舗ショップでは4万円超えたので、後で返ってくるにしても一旦は大きな出費。そして100%返ってくるわけでもないので、安くて質もいいならチェーンのお店で十分です。

あの老舗のお店では保険の請求の仕方など丁寧に教えてもらえたし、子どもたちの現状についても知ることができ、初めての眼鏡購入でお世話になれて良かったです。

 

f:id:pinktower:20190216165704j:image

娘の歴代眼鏡たち。上から4歳、5歳、6歳のもの。

彼女は好みや意思がはっきりしており、4歳の頃から自分でいくつか試着して決断(笑)

 

娘が眼鏡をかけ始めて丸2年が経ち、視力は良くなってきているようです。眼鏡をかけている時は目は内に寄ることはありませんが、外すとまだ左目が内に入ります。これは今後治るかもしれないし、治らないかも・・とのことで、治らない場合、「見た目」を気にするなら手術です。 眼鏡をかけている限り、見え方に支障はないようなので、夫も私も「見た目」のために怖い手術をさせる必要はないかな・・という気持ち。ティーネイジャーになっても眼鏡のままだったら本人が嫌がったり、手術をしたがるかも知れませんが、手術するならできるだけ早い方がいいそうなので難しいです。。

娘が4歳の頃は斜視であることより「眼鏡」について人から色々言われました。知らないおばちゃんにジーッと見られ、「こんな小さいのに眼鏡なんかかけてかわいそうに!」って、まるで私がそうさせたかのように言われたこともあります^^;

私も昔は知りませんでしたが、小さな子の眼鏡は「治療用眼鏡」であり、子どもであってもそのことに敏感な場合もあるので、そっとしておいてあげて下さい^^

あの老舗の眼鏡屋さんが言うには、遠視の子は近くの物を見る力をつける必要があるので、どんどん至近距離でスマホやタブレットを見せたらいいのだとか・・。(ほんまかいな・・笑)

眼科の先生も言いますが、大きくなるに連れて近視が入ってきたらプラスマイナス0に近づくらしいです。

娘がかかっている眼科では目のトレーニングはしないのですが、トレーニングのやり方を教えてくれるところもあるようです。トレーニングについては知識がありませんが、効果がありそうなことは何でもやってみたいので、何かご存知の方がいらっしゃったら教えていただけると有り難いです^^

手術はしない方向で完全に治ることを願って、彼女の眼鏡ライフをサポートしたいと思います。

 

長々とお読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

Valentine's Day♡

今日はバレンタインデーですね^^

日本では女性から男性にチョコレートを送りますが、欧米ではそんな風習はなく、「愛を伝える日」。

「義理チョコ」なんてものは存在しません^^;

パートナーに、子どもに、両親に・・・大切な人に想いを伝える日です。

夫はイギリス国籍、ニュージー生まれのニュージー&オーストラリア育ちなので、我が家では色々ミックスなバレンタインデー。

普段からしょっちゅうみんなが"I love you"を言い合ってるので、そんなに特別なことをするわけではないのですが、私からはみんなにチョコレートやスウィーツを手作りしたり買ったり・・。夫からは花束やワインをもらったり♡

昨年、Daddyからサプライズで小さな花束をもらった当時5歳の娘は大喜びでした。

花束をそんなにも喜ぶとは予想外だったので、Daddyもとてもハッピー♪

今年は一人メンバーが増えているのがなんだか不思議です。

子どもたちみんな可愛いですが、久しぶりベビーの三人目ちゃんは愛おし過ぎます・・♡

大泣きしたり、かまってちゃんで抱っこ抱っこでも食べちゃいたいほど可愛いです。

ほっぺや顎の下がプクプクして大福のようなので本当に食べちゃいたい(笑)

一人目は初めての育児で必死だったし、2歳あきで生まれた二人目は毎日バッタバタでほぼ放ったらかし・・^^;

三人目、やっと赤ちゃん時間を楽しめてる気がします。

彼女を抱っこしてるとなんとも言えない気持ちになります。

お兄ちゃん、お姉ちゃんからもハグハグ、チュッチュチュッチュされる毎日。

愛で溢れています♡

だいぶ甘やかされて育ってしまうかも知れませんが・・^^;

 

つい最近、とてもショックな知らせを聞き、昨年は父が人間ドックからの即入院、そこから事態は悪化して昏睡状態にまで陥り、なんとか一命を取り留めたというハプニングがあり・・・

当たり前のような毎日を送れていることは本当に幸せなことだと改めて感じます。

人生、いつ何が起こるか分からないし、自分自身や周りの人を大切に、そしてきちんと想いを伝えておかないと・・・

 

皆さまにとって、愛に溢れた素敵な日となりますように・・♡

  

Happy Valentine's Day!!

 

f:id:pinktower:20190214105715j:plain

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

みんなハッピーウクレレタイム♡

産後って急に悲観的になったりすごくストレスを感じたり、気分のアップダウンがありますよね。。

上二人の時はじっと家の中にこもってるのがしんどくて、早くから色々活動していました。

子どもたちを引き連れてがっつりヨガできるママヨガに通ったり、自分自身もベビーヨガクラスを開催したり、何かの教室やワークショップに参加したり、助産院ママサークルで集まったり・・

家にいるよりは外に出たいタイプなので、忙しくあちこち出かけてました。

三人目は上の子たちの都合もあったり、夏生まれで特に昨年は猛暑だったのでなかなか外にも出かけられず。。

かまってちゃんなので放ったらかしにしたら大声で泣くし、おうちでの過ごし方をあれこれ考えていたのですが、産後の変なやる気?のおかげで、今までずーっとやってみたかったものに挑戦することにしました!

 

ウクレレです♡

音色が可愛いし、ずっとずっと弾いてみたいと思っていたのですが、ピアノしか弾けない私はもちろんコードなんてチンプンカンプン。

何かを始めるなら独学ではなく人から教わりたいので、一昨年ぐらいからウクレレ教室を探していたのですが、良さそうな教室は遠いし、近いところは男性の先生とマンツーマンとかが多くてなんだか微妙だし・・・なかなか条件が合わず踏み出せずにいました。妹にそのことを言うと、「ウクレレなんてYoutubeでいけるやろ〜!」と。

そっか!この時代、教室に通わなくても「動画」で独学できるのです!

早速検索してみると、超初心者にも分かる動画がたくさん♪

猛暑の夏休み、3人の子どもたちとの引きこもり生活を楽しくするため、念願のウクレレを手に入れました〜♪

  

f:id:pinktower:20190211143750j:image

 

チューニングとはなんぞや・・!?ってぐらいの超初心者でしたが、今はアプリで簡単にチューニングできるんですね!

動画を見ながら3コードぐらいマスターしたら、意外にも色々弾ける曲があって楽しい〜〜♪

映画「リメンバーミー」で、ギターとともに色んな楽しい曲が流れるのもウクレレが欲しくなったきっかけです。子どもたちが映画を何回も見ながら「Un poco loco〜〜♪」って熱唱してて、私もあの陽気なメキシカンミュージックが楽しく、ギターはハードルが高いけど、ウクレレなら弾けるかも・・!?と思ったのです。

その昔、ギターを少しだけかじったことがありますが、思うように指が動かずすぐにギブアップしてしまいました。ウクレレは4弦しかないし、コードもシンプル。少しのコードで子どもの曲のみならず、色んな曲が弾けます。弾いているうちにもっと色々歌いたくなってきてYoutubeで調べてみると、ちょっと難しそうな曲でも簡単バージョンがたくさんシェアされています。こんなに手軽に無料動画で弾けるようになるなんて、有難い時代です!

青春時代のチェリー(byスピッツ)とか、ユーミンのルージュの伝言とかも熱唱してみたり(笑)もちろん子どもたちは知りませんが、そのうち一緒に歌い出し、リィちゃんもじぃーっと聞いてご機嫌♪ 

8歳、6歳の子どもたちでも弾けるし、みんなで弾いたり歌ったり、自然と笑顔になるウクレレマジックです♡

 

聴覚の発達やことばの習得に♪

3歳までの感覚(五感)の敏感期では、写真や絵、動画より、できるだけ本物に触れるのが理想です。

五感からの実際の体験を通して初めて脳と繋がり、脳が活性化されるからです。

そして、3歳までの五感を通した実体験を元に3歳以降はより感覚が洗練されていきます

聴覚の発達にも葉っぱがサラサラ揺れる音や小鳥のさえずり、水のせせらぎなど自然な音をたくさん聞かせてあげると良いです。都会ではなかなか難しいですが、テレビやスマホよりは公園で実際に見えたり聞こえるものが楽しいのです。

おうちの中で聞かせる音も電子音ではなく、鈴やマラカス、木琴、鉄琴、小さな容器にお豆を入れたものなど、優しい音の楽器が理想。

歌声はCDやスマホ、タブレットからの誰かの声より、断然肉声(特にママの声!)が良いです。

赤ちゃんはお腹の中にいる時から人間(得にママ)の声に敏感で、歌は話しことばの習得にも繋がります

ウクレレでの弾き語りは聴覚の発達やことばの習得も促すのでオススメです^^

その上、親子ともにめちゃ楽しい〜♡

意外に簡単に始められるので、もっと早く始めたら良かった。。

将来、また幼稚園で働くことになればレパートリーも増えて良いし、マイペースに続けたいと思います♪

子どもとの過ごし方に困っている方、ウクレレオススメですよ♡

 

 

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが物を「落とす」ようになったらコレ!

モンテッソーリ園の赤ちゃんクラスにあるこの教具。

1歳、2歳になっても、もっと大きい子でも、なんなら小学生でも大好きな、この「トレイ付玉入れ」をついにゲットしました!!

f:id:pinktower:20190210140839j:image

 

ピアジェが提唱した、物の永続性の認識に働きかける教具。

物の永続性とは英語ではobject permanenceと言い、視界から消えた物が存在し続けていると認識する能力のことです。

f:id:pinktower:20190210235818j:plain

f:id:pinktower:20190210235824j:plain

f:id:pinktower:20190210235842j:plain


物の永続性を獲得すると、視界から消えたものは無くなってしまったのではなく、また現れると分かっていて、それを待ったり楽しんだりするようになります。

  「いないいないばぁ」がそれです!

物の永続性を獲得した赤ちゃんは「いないいないばぁ」が楽しくて仕方ありません。一瞬いなくなってもまた現れると分かっていて、「もうすぐ出てくるかな〜♪」と楽しいのです^^

獲得する前の赤ちゃんに「いないいないばぁ」をしたら、見えなくなったらすっかり忘れてしまったかのようで、「ばぁ!」ってしたらいちいちびっくりするのが可愛いです(笑) 

 

最近、上の子たちがリィちゃん(三人目)のベビーチェアの下に隠れると、ずっと下を覗いて探し、出てくるのを待ってるので、「物の永続性を獲得しつつある!?」と思い始めてました。

さらにベビーチェアからおもちゃや色んな物を落とし、それを故意的にし始めたので、「落とす」ことができるものを用意してあげないと・・・と念願の教具をゲットしたのです♡

(モンテッソーリ教具コレクションは半分私の趣味のようなものなので、めちゃ嬉しぃ〜!笑 )

 

このボールを握るのがとても楽しいようで、握っては口に持っていく・・を繰り返してますが、「こうやってボールを穴に入れるんだよ〜」とゆっくりやって見せると、数回ボールが穴に入りました!!(たまたまですが^^;)

f:id:pinktower:20190210140933j:image

まだ「ボールを穴に入れたら下のトレイに出てくる」ということはいまいち分かってなさそうですが、この教具を使い始めるタイミングは、腰がすわり、座って活動ができるようになる頃

リィちゃん、相変わらずズリバイもハイハイもしませんが、しっかり安定して座れるので、座ってできることをたくさんさせてあげています。そのせいか、上の子たちが7ヶ月の頃より手先はよく動いているように思います。

 

「物の永続性」の獲得に働きかけ、「無くなったのに出てくるー!!」っていうワクワクと、「掴む」、「穴に入れる」、「落とす」ことが楽しめる、一石四鳥?の素晴らしい教具。

ボールがプラスチックのものもありますが、木製ボールのものを探していました。木製のボールは重みがあるので握る力もつくし、落ちる時にけっこう大きな音がするので「落ちた感」があり、見た目も可愛い♪

教具を買う時はほぼネットショッピングになるのでよぉ〜く調べます。今まで色々な感覚教具を購入し、返品したものもありましたが、こちらのトレイ付玉入れは大満足です♡

 

 

赤ちゃんが物を落とし始めたら、「ダメー!」って言わずに、落としても大丈夫な物をぜひ用意してあげて下さい^^

もちろん、落とされて壊れたら困る物は環境から排除します。

高価な物でなく、100均で買える物でも良いので、ボールやクッション性があるものなど、落として楽しめるもの(※口に入れても安全な物)を簡易に用意するだけでOK!

物を落とし始めた赤ちゃんは「掴んだ物を離す」という手先の運動を楽しんでいるので、ぜひもっともっとさせてあげて下さい♪

 

 

 

 

スポンサーリンク