モンテッソーリなくらし

0-3歳モンテッソーリ教育、赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育て、バイリンガル4人育児のあれこれを綴ってます♪

遠ざかるニュージーランド・・

お久しぶりです。

ここ数週間、なかなかブログを書く気力がありませんでした^^;

 

このブログにも時々書いていましたが、我が家はニュージーランドへ移住するつもりでした。

この状況下、ギリギリまでどうなるか分からないからあまり詳しくは書いていませんでした。

で、案の定。(笑)

 

先月、オークランド行きのフライトも向こうでの隔離施設も予約していたのです。

そこに至るまでにフライトは2回キャンセルになっていました。

1回目は国境が完全に閉ざされた時。

チケット代は返金はされず、クレジットとしてキープされています。

その間に2歳未満だった3人目が2歳になってしまったので追加で予約することになり・・と色々変更もあり、ついに・・!

 

それが・・

直前で伊丹→成田のフライトが欠航。

(緊急事態宣言中で乗客が少なかったからだと思います。)

他の手段でなんとか行けなくはなかったのですが、子どもたち4人、そのうち乳幼児2人を抱えての移動はスケジュール的にも物理的にも大変。。

そんな矢先にロックダウンになるオークランド

ただでさえ大変であろう2週間の隔離の末にオークランドから出られないということもあり得る。

そもそもどこの隔離施設になるかはオークランドに着くまで分からないミステリーツアー(笑)

オークランド到着後、隔離のためにまた飛行機で南島に渡るケースもある。

自分一人や夫と二人、子連れとしても二人ぐらいならまぁなんとかなりそうだけど・・^^;

そして万が一隔離中に感染してしまったら・・と考えるとその後のこともなかなか計画できない。。

色々考えてみて、この時期に無理に決行することはないかな・・という判断に至りました。

その判断が良いのかどうか分からなくて、ハッピーな決断ではありませんでした。(>_<)

 

私たちがフライトを予約した頃(去年の夏頃?)は自動的に隔離施設も予約されるシステムでしたが、今は自分で隔離施設の空きを確認して仮予約し、フライトを予約後に施設の予約を確定するシステムになっています。

そのスケジュールが5月末までしか出ていないのに全て埋まっている状態。(T_T)

キャンセルが出ることもあるけど一瞬で無くなるし、4月、5月の予約は30分で埋まったそう。。

そんな状況なことも分かっていましたが、泣く泣くキャンセルしました。。(涙)

成田→オークランドのフライトは週に1回のみ運行されていて今予約できるのは6月末まで。

隔離施設は2ヶ月先までしか予約できなくて全部埋まってるって、この先希望の日に予約できるかは奇跡に近い気がしてきます(´д`)

 

ニュージーランドはコロナ対策が上手くいっているので帰国者が絶えないのです。

私たちはコロナから逃れるために行きたいわけではなく、コロナが流行り出すもっと以前から計画していました。

夫はニュージーランド生まれ、ニュージーランド&オーストラリア育ち。

私は16歳と22歳の頃に行ったニュージーランドが良すぎて、いつかまた行きたい・・、できたら住みたい・・と思っていました。

日本で出会って結婚し、あちこち引っ越したり、中古の家を買ったりもしたけどやっぱりニュージーランドがいいなぁ〜・・と移住を目指してここまで来たのです。

 

そうこうしてるうちに4人目ちゃんが生まれたのもありスローダウン。

そしてやってきたコロナ。

まさか入国できるまでにこんなにも壁ができてしまう日が来るとは誰も思ってなかったよね。。

 

家探しも職探しも難しい様子のニュージーランド

帰国者が増え続けて更に拍車がかかっている模様。

オンラインで家を購入できたりするような立場なら迷わず行った!(笑)

賃貸物件についていくつか問い合わせた不動産は国外にいる人に対応してくれる感じはなく、全て行ってからの予定でした。

夫は子どもの頃にオーストラリアに移住したので知り合いはほとんどおらず、身内はいるけど頼れる関係でもなく。。

 

とりあえず、航空券はまたクレジットとしてキープされていて2022年6月まで有効。

その間にも子どもたちは成長するし、長男は今年5年生、長女は3年生になり、小学校は来年他の3つの小学校と合併することが決まっていてとても遠くなるし、色々思うこともある。。

それまでに・・という思いもあっての移住計画。

移住したい理由は教育面が大きいのもあるので。

 

全てを一旦リセット。

思考もリセット・・というか柔軟に?

以前の生活になんとか戻りつつありますが、先のことは全く未定。

どうなることやら・・(^_^;)

 

f:id:pinktower:20210304213049j:image

(写真はニュージーランドではありません。笑)