モンテッソーリなくらし

0-3歳モンテッソーリ教育、赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育て、バイリンガル4人育児のあれこれを綴ってます♪

心と体は繋がってる

こんにちは

ご訪問下さりありがとうございます^^

 

前回のブログで引っ越ししたことを書きましたが・・・

引っ越しして3週間ぐらい経ったある日のディナータイムで息子からの告白。

 

「ほんまはな・・

ぜんっぜん引っ越ししたくなかってん!」

 

えぇ・・!?

「いつからそう思ってたん!?」って聞くと、

「引っ越しの話が出始めた時・・」と息子。

 

今年6年生になるので、最終学年での転校は難しいかな・・と彼のことを一番心配していたので、

「引っ越しについてどう思う?」

「引っ越しすることになってもいい??」

などと何回も聞いていました。

 

彼の返事はいつも「ん〜〜ちょっと嫌やけどまぁいいかな。。」そんな感じ。

長女は「全然いいよ〜!嬉しい〜♪」みたいな感じだったので、

長女のようではないのは分かっていたのですが、まさかそんなに嫌だったとは。。

 

彼が打ち開けてくれたのは、

今は「引っ越してきてほんまに良かった!」と思えるからだそうです。

たまたま同じクラスの子が同じマンションにいて、面白くていい子で、一緒に登下校することになり、おかげで学校にもすぐに馴染めた様子^^

最初の体育が大好きなハードルだったのも良かったみたいです(笑)

 

実は、息子は引っ越しする1週間前ぐらいから急に「お腹痛い、気持ち悪い・・」と言いだし、少し熱もあったので、ついにコロナ!?とPCR検査をすることに。

でも結果は陰性。

熱は下がったものの腹痛と吐き気がずっと続いていたので、胃腸科に連れて行くと、超音波、レントゲンをすることになり、「レントゲンで見る限り腸閉塞の手前のように見える」と言われ、血液検査まですることに!

そしてその翌朝大量に吐く。。

その後吐き気はなくなり、薬が効いたのか腹痛もましにはなってきましたが、食欲がなかなか戻らず、まだ本調子ではない状態で引っ越しの日を迎えました。

母親の勘で、精神的なものじゃないかな・・とは思っていたのですが、普段モリモリ食べる息子がこんなに食欲なくなるなんて、「メンタルなんてあり得ない!絶対コロナや!!」と言い張るDaddy^^;

引っ越し後、食欲は少しずつ戻り、新学期が始まる頃にはなんとか落ち着いたのです。

 

息子からの告白を受け、やっぱりメンタルからだったのね・・と納得。

そんなに嫌やったんや。。

「なんで嫌って言わんかったん??」って聞くと、「みんな引っ越しすること嬉しそうやったから・・」と。

第一子ってそういうところがありますよね。

自分の気持ちを出し切れないというか・・

私も長女で妹とも年が離れてたのもあり、色々我慢したり親の顔色を見ていました。

我が子たちにはそんな風に育って欲しくはないし、息子が本当の気持ちを言えなかったことがとても複雑でした。。

 

子どもでも精神的ストレスがこんなに体に現れるのですね。

 

心と体は繋がってる・・と改めて思わされる出来事でした。

 

彼の体調が悪かった間、注射がめちゃくちゃ嫌いな彼が血液検査をすることになった時、私も彼もずっとクリーニングしていました。

(クリーニングとはホ・オポノポノによる問題への向き合い方です)

ホ・オポノポノを取り入れるようになり、自分の意思ではどうにもならないことや子どもに起こることなどに対して、冷静に対処できるようになりました。

 

長男、長女は何か困ったことがある時や緊張することがある時など、自分たちでもするようになり、クリーニングすることが習慣になってきています。

なんと、半信半疑だった夫まで最近し始めたようでびっくりしています。笑

子どもたちの成長と共にクリーニング効果を実感していて、子育てにも自分自身にも欠かせないものとなっています。

(ホ・オポノポノについてはまた改めて書きます☆)

 

息子を取り巻く環境が以前より良くなって本当に良かった。

お子さんの体に不調がある時、精神的なストレスはないか考えてみて下さい(>_<)

f:id:pinktower:20220512143932j:image

(母の日に長男長女からもらったお花とカード♡)