モンテッソーリとともに

0-3歳のモンテッソーリ教育や赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育てについて発信しています。

お絵描きデビューに♪

長男の時に買ってみた赤ちゃん用クレヨン。

 

ベビーコロール ベーシック・アソート 12色

 

いくつかまだ残っているのですが、3人目のお絵描きデビューにと新たに購入しました。

握りやすくて良いのですが、けっこうな力を入れないと色がはっきり出ず本人は不満気・・^^;

2歳頃になればこれでもしっかり描けていたことを思い出しました。

今は自分や誰かの指にはめたり、長〜い間集中して重ねたりしています。

f:id:pinktower:20190807150837j:image

f:id:pinktower:20190807151441j:image

f:id:pinktower:20190807151447j:image

初めは二つしか重ねられなかったのに、いつの間にかたくさん重ねてるー!

クレヨン本来の目的は果たせていませんが、色に触れながらかなり集中しているので、これはこれでよし!(笑) 

 

お絵描きデビューにおすすめのクレヨンはこちら〜♪

シュットクマー みつろうスティッククレヨン 12色 紙箱入 ST31202 [日本正規品]

こちらも長男の時に出会ったみつろうクレヨン。

握りやすい長方形タイプもあり、こちらは少しの力でもしっかり描けます。

 

シュトックマー 蜜ろうクレヨン ブロック8色 缶入り 61005

 

天然のみつろうで作られた最高品質のクレヨン。

食品基準で作られているのでお口に入れても安全、安心です^^ 

f:id:pinktower:20190807144504j:image

まずしっかり握る練習ができる長方形タイプから使うとgood!

 

みつろうクレヨン♪

 

「描く」、「書く」という運動をするには、それまでに手先をしっかりコントロールできる力をつける必要があります

握ったり、つまんだり、指を動かしたり、様々な微細運動ができる機会を与えてあげると、どんどん上手に手先をコントロールできるようになります。

それがクレヨンや鉛筆を持って「描く」(書く)ことに、スプーンやフォークを持って「食べる」ことに繋がります。

「描く」ことも「食べる」ことも大人にとっては簡単なことですが、道具を使って別の目的を果たすって赤ちゃんにとってはなかなか難しい運動なのです。

いきなりクレヨンやスプーンを持たせる前に、日常で手先を使う機会をたくさん作ってあげて下さい♪

 

赤ちゃんの微細運動を促すのにおすすめの教具例

 

日常で手を使っている瞬間を見つけたらちょっと観察してみて下さい。

どんな「運動」を楽しんでいるのか、どんな物を用意してあげたらいいのかが分かりますよ♪

わざわざ教具やおもちゃを用意しなくても、案外お家にあるもので十分だったりもします^^

こちらの記事ものぞいてみて下さい♪

www.montessoripage.com

 

www.montessoripage.com