モンテッソーリとともに

0-3歳のモンテッソーリ教育や赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育てについて発信しています。

目指せ!肝っ玉母ちゃん♡

モンテッソーリ思想を知り、「子ども」についてより学びを深めたのちの3人目育児。

上の子たちと歳も離れて心のゆとりもあるので、ゆっくり彼女との時間を楽しもう〜♡♡と思っていたのですが・・・

そうも言っていられない状況に。

 

実は・・

 

今・・

 

4人目を身籠っています。

 

2人目が2歳差で生まれ、その3年後ぐらいから3人目が欲しいな〜・・と思うようになったのですがなかなか授からず、もう諦めよう・・と思った矢先に妊娠!

2人目誕生から5年半後の待望の3人目。

最後の妊娠&出産のつもりでした。

まさかその一年後にまた妊婦になってるとは・・!(゚Д゚)

妊娠が発覚して「うそやん・・!!?」としばらく狐につままれたような気分で過ごしていましたが、悪阻もあったしお腹も大きくなってきて今ではウニョウニョ胎動も感じる毎日です。

4人目については考えたこともありませんでした。

その上年子・・・未知の世界です。

一人目を産んだ20代の頃とは老いている体で、小学生二人と1歳児を抱えて4回目の妊婦生活を送っております^^;

これまでに比べて、「あ〜しんど〜!」って言う回数が確実に増えてる(笑)

産後なんてもっと大変だろうし、年子なんて絶対若いうちがいい〜〜(苦笑)

4人目・・年子・・産後のこと、移住のこと・・・と色々不安も押し寄せましたが、あれよあれよともう妊娠7ヶ月です。

妊娠期間の10ヶ月で心の準備が整うようにできているのだな・・と4回目にして改めて思います^^;

 

そして今回初めて、現時点では「低置胎盤」と診断されています。

通常、胎盤は子宮の上部にできますが、低い位置にできる場合があり、これを「前置胎盤」や「低置胎盤」と呼びます。

「前置胎盤」は胎盤が内子宮口の一部または全部を覆っている状態で、妊娠中期から後期にかけて出血する場合があり、分娩においても大量出血のリスクがあるので帝王切開になる場合が多くなります。

「低置胎盤」は胎盤は内子宮口にはかぶさってはないけれど、胎盤辺縁と内子宮口の最短距離が2cm以内の状態で、妊娠後期に出血したり分娩時に大量出血を起こすことがあるようです。

32週ぐらいまでに胎盤が上がってくれたら自然分娩できるのですが、上がらなかったら帝王切開も視野に入れておかないといけません。

まだまだこれから胎盤が上に上がる可能性はあるみたいで、「低置胎盤」と診断されていた人でも自然分娩できることは多いよう。

「低置胎盤」について調べまくったり経験された方のブログなどを読ませていただいてますが、色んなケースがあります。「低置胎盤と診断されました〜」って方でその後の経過を書いてない方も多く、どうなったのかめちゃ気になるー!(笑)

どんなお産になろうと赤ちゃんが無事産まれるに越したことはないですが、二人目、三人目を助産院の畳のお部屋で産んだので、「分娩台」には戻りたくない。。

リィちゃんはしばらく逆子だったので、話しかけたり逆子体操したり、逆立ちしたりしていたら治ったのですが、今回の相手は「胎盤さん」・・・(笑)

胎盤に話しかける・・?^^;

赤ちゃんに話しかけて胎盤を動かしてもらう・・?

色々読んでても私にできることって特にないみたい (°_°)

妊娠もお産も子どもによってそれぞれ違うので、もう運命に任せるしかないな・・と思ってます。

不安な気持ちもあるけど、それ以外にも今身内のことで頭を抱えることが色々あってキャパオーバーになってしまいそう〜〜

なので、気持ちを切り替えてリィちゃんと次の赤ちゃんがどのように関わるのかを楽しみにしながら、リィちゃんとの「今」をたっぷり楽しもうと思います♡

 

私は9歳離れた妹と二人姉妹、夫はひとりっ子。お互い兄弟喧嘩も経験したことのない・・・でもなかなか色々あった家庭環境で育ちました。

そんな私たちがまさか4人の子どものお母ちゃん、お父ちゃんになるとは全くもって想像しておりませんでしたが、こうなったら「肝っ玉母ちゃん」を目指して何でもどんとこいだ〜〜!(笑)

 

人生、何が起こるか分かりません。。σ^_^;

 

f:id:pinktower:20190917140952j:plain