モンテッソーリとともに

0-3歳のモンテッソーリ教育や赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育てについて発信しています。

微細運動のお仕事 - 「お魚醤油入れの開閉」

こんにちは〜^^

今日は、以前モンテ園にてトドラークラスを担当していた時にヒットしたお仕事をご紹介します♪

 (旧ブログでも紹介したのですが、改めてこちらでも〜)
 
 
ジャーン!
 
 
お寿司についてくる「魚型醤油入れ」です。

家でお寿司を食べた時に「これは使えそう!!この小さいキャップの開閉が楽しそう〜♪」とキープしておいたもの。

綺麗に洗って乾かして、トドラークラスの棚に置いてみました。

 

用意するもの

・魚型醤油入れ

・醤油入れを入れる器

・トレイ

 
かかったコストは0円!(器とトレイは持っていたので) 
 
 
 
棚に置いたその日に夢中になって取り組んでくれていました^^
まず慎重にキャップを合わせ・・・
親指、人差し指、中指の3本でゆっくり回してます。
大人の指だったらこの小さいキャップを回すのに親指と人差し指しか使いませんが、子どもだと3本の指を慎重に使ってます。
閉まるとピタッと止まるので、その感覚もいい感じのよう。
全部閉めたら今度は全部開け・・・を繰り返していました。
キャップが小さいので誤飲には気をつけないといけませんが、このお仕事ができるようになるお子さんは何でも口に入れないぐらいの年齢になってると思います。
(この写真の子は2歳4ヶ月で、もちろん個人差はあります。)
 
この年齢の子が醤油が入ってる時にこれを開けようとしたり、容器を押して醤油を出そうとしたら無意識的に止めてしまうかも知れませんが、その興味の先にあるのは敏感期です。
醤油をあちこちに飛ばされたら困りますが、子どもがしたいことは醤油を飛ばすことではなく、蓋の開閉だったり、容器を押してみることです。
中身を空にしたり、水に変えるなどすれば、お子さんのやりたい気持ちを尊重してあげることができます。
魚の醤油入れではなくてもいいですが、何の模様もないシンプルなものよりはお魚の形であり、普段の食卓で見たことあることも子どもが興味をもつポイントです☆
 
普段の日常の中からぜひ敏感期を汲み取ってあげて下さい^^
 
ゴミになるようなものでもこんな風に人気お仕事に大変身〜!
 
ちょっと意識して過ごしているとお金をかけなくても色んなお仕事が用意できちゃいますよ♪♪