モンテッソーリとともに

0-3歳のモンテッソーリ教育や赤ちゃんからのモンテッソーリベースな子育て、そして日英バイリンガル4人育児について綴っています♪

緊急事態宣言

3日前のことですが、やっと日本も「緊急事態宣言」が発令されました。

現時点では7つの都府県が対象で私が住む大阪府も含まれています。

このおかげで5月6日まで学校も完全休校となりました。

緊急事態宣言が出される前日、明日宣言が出ることは分かっていたのに小学校から始業式、登校日の案内メールと電話。

その時点では7日の入学式、8日の始業式とそれ以外の登校日の実施が予定されていました。

府知事は5月6日まで休校にすると言ったのに、その翌日市長は4月19日まで休校と発表し、何日か登校日を設けるとのこと。

短時間であっても登校することについて夫とも話し合い色々考えましたが、「我が家は赤ちゃんもいるし、万が一のことを考えて4月中は登校させません」と伝えてスッキリ!

その数時間後にまた学校から電話があり、「やっぱり始業式も登校日も中止になり、4月20日に再開の予定になった」と。(なんやそれ〜!笑)

そして緊急事態宣言が出され、やっとガッツリ5月6日まで休校になりました。

そこに至るまで会議とか色々あったのでしょうけど・・

突っ込みどころ満載・・(笑)

 

宣言が出されて変わったことは、より強く「外出自粛」を要請されるようになったということ。

生活において必要最低限の外出以外は家にいて下さい!とのことですが「外出禁止」ではありません。

私と子どもたちは完全に家に籠っていますが、夫は仕事に行ってます。

別に休める状況なのに休業にならないので休みたいなら有給を取らないといけないのです。

商業施設、飲食店も自主的に休業しているところもあれば、時間短縮などで営業しているところもあります。

この状況を全く気にしていない感じの人もまだいます。。

さすがに娯楽のために外出している人はかなり減ってると思いますが、仕事は別です。

補償がないのにみんながいきなり家に閉じ籠ることはできません。

諸外国のように政府が素早くサポートしてくれるなら、もっとみんな真剣に家にいようとすると思います。

それがないから危機感よりもとりあえず上司の指示に従って、普通に満員電車で通勤している人たちがたくさんいるのが現状です。緊急事態宣言が出されている地域でさえも。

幸い夫は自転車通勤なのですが、宣言が出た翌日から職場の窓が全開になったそうです(笑) 

寒くて風邪ひきそう・・とラインがきたので"Stay warm!!"と返信しながら笑けてきた。。

"Stay home!"じゃなくて"Stay warm!"...(笑)

 

なんか全てにおいて根本的なところがズレている・・

政府も政府なんだけど、国民がこうなってしまう原因はこの国の教育法にもあるような気がします。

「みんなで一斉に指示を出されたことをする」教育で育ってきた日本人。

自分で考えて行動することには慣れていないので明確な指示がないとどうしたらいいのか分からない。

そして人と違うことをするのは躊躇します。

疑問を感じたとしても反論したりみんなと違うことをするのは苦手。

ハッキリと明確な指示を出されれば素直に行動に移す人が多いと思うのですが、その指示も曖昧ときたもんだから・・

でももう誰かのせいにしたり文句を言ってる場合ではない「緊急事態」なはず。

自分や家族、大切な人を守るために指示を待っていないで行動しないと!

・・というか、今は行動せずStay homeなのですよ!

日本の教育法は日本では通用してきました。

でも日本の常識しか知らないで外に出たら臨機応変に対応できないことになりかねません。

国内であってもこんな例外な事態が起こったら対処するのが困難過ぎて、全てにおいてそれが反映されている気がします。。

 

YouTubeやTwitter、ブログなどで海外からメッセージを発信して下さっている方がたくさんいます。

様々な情報の中で何を信じるかは難しいですが、物事の本質や状況をきちんと把握して自分で考えて行動することが大事だな・・って本当に思う。

これからの未来を担う子どもたちは、そんな力を養うことが本当に必要であるとより強く感じる毎日です。

受動的な授業、テストや受験のための勉強はそのもの自体が実施されなくなったら行き場を失います。

生きていくために本当に必要なことを習得するのは学校に行かなくてもなんとかなるもんだな・・と気付かされる休校期間。

「緊急事態」が宣言されたことが無意味にならぬよう、できるだけ早く収束に向かうことを心から願います。。

 

f:id:pinktower:20200408074326j:image

お散歩中の桜に癒される・・♡